不動産鑑定士という資格は国家資格であり、時に弁護士や公認会計士と併行して、国家3大資格と評されているのも事実です。

しかし、認知度は他の2つの国家資格に比べると、世間一般的に知られていないのも事実です。
社会貢献度としては非常に評価の高い仕事を請け負う事が認められており、不動産の経済価値を評価するなどの独占業務を行う事が出来るのも特徴的です。

国家資格の認定は国土交通省で行われることとなり、国家試験に合格したものは国土交通省の名簿へと登録され、以降の独占業務遂行が認められます。
不動産の鑑定業務は非常に重要な役割を担っており、適正な価格を鑑定することで経済の基盤を整備する役目を果たします。

不動産は金融商品として位置付けられているので、きちんとした均衡を保つために不動産鑑定士が働かなければ、全国的に適正な価格帯での不動産提供が出来なくなってしまいます。
あまり表だって活躍される資格ではありませんが、日本の経済を支える大切な専門職であることは間違いありません。

新聞やメディアで不動産鑑定士の仕事が表に出るのが年に数回発表される全国の土地価格であり、それに伴って課税などの法的な事項も検討されるため、国民の生活を裏で支える重要な役割を果たしていることを土地価格の鑑定を通して知ることができるでしょう。

社会的な認知度に反して非常に責任は重い役割を担っているのが、この資格の一番の特徴とも言えるのではないでしょうか。